エルドアカジノは違法なサイト?逮捕されるかってホント?違法サイトとの関係など解説
カ●ジカ●ジ

“エルドアカジノ”って本当に安全なのか…?ホントは違法とかだったら遊びたくないんだが……

エルドアカジノ(旧パイザカジノ)は数あるオンラインカジノの中でもトップクラスの人気を誇る大手サイトの一つです。出金や入金が早く、またボーナスがお得に使えるなど多くのオンカジファンから絶大な支持を集めています。

ですが、一部には「違法な業者である」というような噂もあります。

エルドアカジノは本当に違法なのでしょうか?また、遊んでも安全なのでしょうか?

今回はエルドアカジノが違法か否かについて詳しく解説いたします。

もっと詳しく

“エルドアカジノ”は違法?どこよりも詳しく解説

ハ●チョウハ●チョウ

違法っていうのはデマらしいよ

結論から言うと、エルドアカジノは違法ではありません。

これまでエルドアカジノで遊んで逮捕された人はいませんし、また反社会的な勢力が運営に関わっているといったこともありません。

そもそも、日本の賭博法ではエルドアカジノをはじめとしたオンラインカジノの違法性を問うことは難しいとされています。

カ●ジカ●ジ

違法性を問うことは難しい…どういう意味だ?

日本の賭博法は明治時代にできたものを改正して現行の形となっています。この法律ができたころはインターネットを利用して遊べるカジノができることなど想定していません。そのため、現状では海外で運営されているオンラインカジノを裁く法が存在しないのです。

胴元とプレイヤーが国内にいる場合は処罰の対象

胴元とプレイヤーが国内にいる場合は処罰の対象

もう少し詳しくお話すると、日本の賭博法では賭博を提供する胴元と賭けを行うプレイヤー両方の罪が認められなければ処罰の対象となりません。

対向犯

法律の用語に「対向犯」という言葉があります。これは要するに、二人以上の相互関係者がいなければ罪を問うことができないということです。

つまり、日本の法律で裁けるオンラインカジノは運営が日本にある場合のみ、ということです。

 

オンラインカジノの多くは海外の賭博が合法となっている国で運営されています。

そのため胴元である企業の罪を問うのは実質不可能です。

よって、オンラインカジノで遊ぶ日本人も逮捕されない、というのが現状となります。

“エルドアカジノ”はフィリピンで運営

エルドアカジノはイギリスに運営会社があります。サポートセンターの所在地はフィリピン、サーバーの所在地はアメリカです。さらに、フィリピンとカナダで2つのカジノライセンスを取得しています。

運営会社 GLOBAL SYSTEM TECHNOLOGIES INC.
運営会社所在地 British Virgin Island(イギリス領ヴァージン諸島)
サポート部所在地 フィリピン
サーバー所在地 アメリカデラウェア州ドーバー
ライセンス キュラソー/カナワケ

日本で運営されているわけではないので、遊んだとしても罪に問われることはありません。

数少ないダブルライセンスのカジノ

エルドアカジノはキュラソーカナワケの2つのライセンスを取得しています。

コチラがキュラソーのライセンス。

こちらがカナワケのライセンス。

そもそもオンラインカジノの運営にはライセンスの取得が必須です。取得するためには基準をクリアし審査を経る必要があります。

そのライセンスを2つ取得しているということは、エルドアの信頼度の高さを意味します。

ソフトウェアもライセンス取得済み

エルドアカジノにゲームを提供しているソフトウェア会社も、ライセンスを取得しており第三者機関による審査も通貨した非常に安全なものです。

国際的に認められたソフトウェア会社のみが採用されてるので、エルドアカジノはどのゲームで遊んでも安全ということがいえます。

日本人がオンラインカジノで逮捕されたケース

日本人がオンラインカジノで逮捕されたケース

先ほど、海外で運営されているオンラインカジノで遊んでも罪に問われることはないとお話しました。たしかに日本の賭博法では海外運営のカジノを遊ぶプレイヤーを処罰の対象とすることは難しいのが現状です。

しかし、2016年に海外で運営されている「スマートライブカジノ」のプレイヤー3名が逮捕されるという事件が起きました。

カ●ジカ●ジ

海外のオンカジなら逮捕されないんじゃなかったのか…?

これにはいくつか理由があります。

逮捕に至った理由

まず一つ目の理由が、ライブカジノのディーラーが日本人で、日本語で会話していたことです。

スマートライブカジノのライブゲームには日本人のディーラーがおり、また日本語でディールを行っていました。また、営業時間も日本時間に合わせていたため「日本人向けのカジノ」と判断されることになってしまいました。

二つ目の理由が、ユーザーがIDを公開してしまった点です。

ベット額や勝利金とともにIDも公開してしまっており、このことが警察に目を付けられる要因となってしまいました。

結果的には不起訴に

逮捕された3人のうち2人は略式起訴を受け入れ、罰金を支払いました。

しかし1人は裁判で争い、結果的に不起訴となりました。

こちらの動画の5;43~にその詳細が詳しく語られています。

オンラインカジノは海外では合法的に運営されています。つまり、胴元であるサイト自体を裁くことはできません。「運営が裁かれないのに、ユーザーが裁かれる」という状況は、刑法の想定にはまずもってありません。そのため起訴には至りませんでした。

以降、オンラインカジノに関して逮捕される事件は起きていません。

この事件から学ぶ安全に遊ぶ方法

  • 日本人向けと思しきサービスやカジノは使用しない
  • オンラインカジノのIDは公開しない

以上の点に気を付ければ、オンラインカジノを安全に遊ぶことができます。

不起訴となった事例もありますが、逮捕に関してはもしも…ということもあり得ます。

「日本語にしか対応していない」「日本人ディーラーがいる」などあからさまに日本人向けと思われるサービスの利用は避け、IDは絶対に公開しないようにしましょう。

エルドアカジノとドリームカジノの関係性について

さて、エルドアカジノが違法であるというデマに関して、ある奇妙な噂があります。

それは「エルドアカジノがかつて違法に運営されていた「ドリームカジノ」と関係している、というものです。

ドリームカジノはかつて存在したオンラインカジノで、海外運営だと偽って大阪府で運営されていたため、運営者が逮捕されました。

そのドリームカジノとエルドアカジノが関係がある……となると怪しく思うのも無理ありませんね。

しかしこの噂は本当なのでしょうか?

噂は事実無根

ドリームカジノとエルドアカジノが関係しているという噂ですが、調べてみたところ根拠は何一つあり有りませんでした。

どうやら根も葉もない噂のようです。

エルドアカジノ(旧パイザカジノ)は、2016年に運営を開始してからほとんどトラブルもなく、これまで多くのユーザーに評価されています。

怪しい要素はほとんどないので、安心して遊ぶことができるオンラインカジノだといえます。

“エルドアカジノ”とは?

"エルドアカジノ"とは?

公式サイトを見る詳細ページ

利用満足度№1を掲げるエルドア。その最大の魅力はなんといってもライブカジノの数でしょう。ライブカジノユーザーからここまで愛されるサイトはありません。名前が変わっても、サービスは変わらずトップクラス。

Check!
  • とにかくライブカジノが充実している!
  • リベートボーナス&VIP制度がかなり充実している!
  • 出金スピードがとにかく爆速!

いまなら入金不要ボーナス2,000円を受け取ることができます。

他のオンラインカジノでも初回ボーナスを配布していますが、エルドアの入金不要ボーナスはかなり好条件なので多くのユーザーから好評です。

入会特典

入金不要ボーナス2,000円

ボーナスコード
【2000bonus】

もっと詳しく

バカラ配信コミュニティ【攻略黙示録・バカラ】

当サイト限定のバカラ配信コミュニティが爆誕…!

その名も【攻略黙示録・バカラ】

圧倒的に勝てる…攻略法をお届けします…!

参加方法はLINE公式アカウントまで。

もっと詳しく

ベラジョンカジノで遊んでみる

ベラジョンカジノ」は、日本のユーザーに最も人気の高いオンラインカジノです。
運営元はBreckenridge Curacao B.Vで、1000以上のゲームをPCスマホ問わず楽しむことができます。
豊富なボーナスと安心の日本語サービスの充実など…オンカジに興味があるすべての方におすすめしたいサイトです!
人気・認知度
4
使いやすさ
4
ボーナス
5
安全性
4.5
取り扱いゲーム数
4.5
サポート
4

公式サイトを見る

最新オンカジランキングでおすすめサイト紹介中!

オンカジランキングではおすすめのオンラインカジノを多数掲載しております。どのサイトで遊ぶか迷っている方はぜひこちらの記事で、自分にあったカジノを見つけてください!お得な入金不要ボーナスも掲載中!
オンカジ馬鹿が選ぶおすすめランキングTOP20