オンラインカジノに税金はかかる?納税方法や計算方法を圧倒的解説…!
カ●ジカ●ジ

税金のこととか考えたくないぜ……!

ハ●チョウハ●チョウ

ダメだよカイジ君。脱税になっちゃうんだ…ちゃんと知っとかないと……

みなさんはオンラインカジノで稼いだお金に税金がかかるかどうか、ということをご存知でしょうか。
あまり考えたくない税金についてのお話ですが、きちんと知っておかないと「脱税」扱いになってしまいます。
今回はオンラインカジノと税金について、詳しく解説していきます。
オンラインカジノで稼ぐ前に、絶対にご一読ください!

オンラインカジノの賞金は課税対象です!

オンラインカジノの賞金は課税対象です!

カ●ジカ●ジ

そもそも課税対象なのかっ……?

オンラインカジノで稼いだお金はそもそも収入扱いになるのでしょうか?
結論からいうと、もちろん賞金は収入扱いになります。
オンラインカジノだけではなく、ギャンブルで儲けたお金は「一時所得」として扱われます。つまりは課税対象です。

国税庁のホームページにはこのように書かれています。

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。

この所得には、次のようなものがあります。

(1)懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)

(2)競馬や競輪の払戻金

(3)生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。)や損害保険の満期返戻金等

(4)法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものは除きます。)

(5)遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

引用:国税庁:No.1490?一時所得

オンラインカジノは「競馬や競輪の払戻金」に該当し、一時所得扱いとなります。
なので、税金を納めないと脱税になってしまうのです…!

競馬やパチンコのように誤魔化せないっ…!

『ギャンブルで儲けたお金は「一時所得」として扱われます』
と先ほど書きましたが、もちろん税金を払う必要があります。
しかし実際には「払っていない」という方も、なかにはいらっしゃるのではないでしょうか。
競馬もパチンコも、賞金の払戻が「現金手渡し」になっています。銀行を使用しないため、履歴が残ることがなく国税庁による管理ができません。

競馬やパチンコのように誤魔化せないっ…!

そのためいくらでも誤魔化しようがあるのです。これにより、競馬やパチンコに「勝った」としても納税していない人がそれなりにいるのが現状です。

対してオンラインカジノの賞金は銀行に入金されるため、記録が残ります。つまりは国税庁による取り締まりが可能になるわけです。
パチンコや競馬は本来やってはいけない誤魔化しができてしまいますが、オンラインではそうはいきません。
オンラインカジノで一定以上の収入がある場合には、あとからペナルティを受けることがないようきちんと納税しましょう。

 

納税方法

納税方法

オンラインカジノで稼いだお金は課税対象、というお話はご理解いただけたかと思います。
さて、ではどのようにして納税すればいいのでしょうか?
オンラインカジノで稼いだ勝利金は、毎年「2/16~3/15」に年始から年末にかけて稼いだお金を計算して、確定申告をしたのち、納税することになります。
もし期間を過ぎてしまうと、ペナルティを支払わなければいけけなくなります。申告が遅れれば遅れるほどその額は増えますので、注意しましょう。

一時所得として計算する

一時所得として計算する

オンラインカジノで稼いだ賞金を納税するとき、その額はどのように計算するのでしょうか?
その金額を計算するためには、まず「一時所得」を計算します。

一時所得
収入金額-支出金額-特別控除額?
オンラインカジノに当てはめた場合
稼いだ金額-賭けた金額-特別控除額
例(年間)
賞金で得たお金100万円-賭けたお金の総額50万円-特別控除額50万円=0円

特別控除額として最高50万円まで引かれるので、つまり納税の義務が生じるのは1年間で50万円を超える場合ということになります。
これをオンラインカジノに当てはめると、収入額はオンカジで稼いだお金、支出額は賭けお金になります。このき、損失額は支出額に計算しないので気を付けてください。
また、ここで理解しておかなくてはならないのは「収入が発生したときの支出のみ計算に入れる」という点です。
たとえば8月は100万円の利益があったが、9月は10万円の損失だった……という場合には9月の分は計算に入れません。
上記の計算をきちんと行ってから納税しなければ、後々やり直しをするはめになってしまうので気を付けましょう。

納税額の計算方法

さて、続いてその一時所得にかかる納税額や税率について紹介します。
納税額の計算は以下のとおりに行います。

給与所得+一時所得÷2=総所得

具体的にいくら納税するか、という点については以下の表を見ていただけると早いかと思います。

所得金額 税率 控除額
4000万円超え 45% 4,796,000円
1800万円以上4000万円以下 40% 2,796,000円
900万円以上、1800万円以下 33% 1,536,000円
695万円以上、900 万円以下 23% 636,000円
330万円以上、695 万円以下 20% 427,500円
195万円以上、330 万円以下 10% 97,500円
195万円以下 5% 0円

たとえば年間600万円の会社員としての収入があり、そのうえで年間100万円をオンラインカジノで稼いでいたとします。
その場合は「600万円+100万円÷2=650万円」となり、かかる税率は「20%」が適応されます。
そのため、最終的に納めることになる税金は「130万円」となります。

確定申告に必要な書類

確定申告に必要な書類

確定申告に必要な書類は二つあります。

確定申告に必要な書類
  • 源泉徴収票⇒企業の場合、年末年始に企業から受け取る
  • 支払調書⇒年末年始にオンラインカジノ側に用意してもらう

このうちの支払調書については、年末年始頃にオンラインカジノ側に発行してもらいます。勝利金が一定額を超えるようであれば、カスタマーサポートに連絡して用意してもらいましょう。
なかかには用意していない場合もありますが、このような場合は自分でつけた帳簿でもOKです。こちらについては税務署でご確認ください。

確定申告の流れ

ここでは具体的に確定申告の流れを紹介します。
流れとしては「書類の用意⇒申告書の作成⇒提出⇒納付手続き」といった感じです。
詳しく解説していきます。

確定申告に必要な書類の用意

用意する書類は前述のとおり、源泉徴収票と支払調書の2種類です。源泉徴収票は勤め先の会社から渡されますので、見たことがある方も多いと思います。支払調書はオンラインカジノのサイトにあるカスタマーサポートに連絡してもらいましょう。
カスタマーサポートに連絡して支払調書を発行する場合、時間がかかる場合もあるので余裕をもって問い合わせるのがおすすめです。

申告書を用意する

続いて確定申告書の作成です。
確定申告書は国税庁のホームページからダウンロードするか、税務署や市役所の税務課で受け取ってください。

このとき「確定申告書A」と「確定申告書B」の二種類があるので注意してください。
A→給与所得者や年金受給者向けの書類
B→誰でも利用できるもの
と覚えておきましょう。
自分ってどっち?という方はBの方を選ぶといいでしょう。

申告書を作成

申告書を作成

確定申告書に書くのは、
所得控除額
収入金額
住民税
といった項目です。
住民税を支払う方法については、企業に勤めている場合は「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」の欄の「普通徴収」に印を付けましょう。
こうすることで住民税徴収票が自宅に届くようになります。

確定申告書の提出

確定申告書の提出は、郵送か税務署の窓口にもっていって提出します。
もし誤りがあったときは面倒ですが、税務署に直節提出するとその場で訂正できるので楽です。
もし記入にあたりなにか疑問がある場合は、わからないまま提出するのではなく税務署に行ったほうが良いでしょう。

納付手続き

ここでようやく実際に納税をします。
方法は以下です。

  • 金融機関・税務署窓口
  • ATM・インターネットバンキング
  • 振替納税制度の利用(4月中に引き落とし)
  • e-Tax
  • クレジットカード
  • コンビニ

ここまでやってようやく、納税の工程が完了となります。

ベラジョンカジノで遊んでみる

ベラジョンカジノ」は、日本のユーザーに最も人気の高いオンラインカジノです。
運営元はBreckenridge Curacao B.Vで、1000以上のゲームをPCスマホ問わず楽しむことができます。
豊富なボーナスと安心の日本語サービスの充実など…オンカジに興味があるすべての方におすすめしたいサイトです!
人気・認知度
4
使いやすさ
4
ボーナス
5
安全性
4.5
取り扱いゲーム数
4.5
サポート
4

公式サイトを見る